エルドアカジノの税金について!確定申告や課税対象を解説

エルドアカジノの税金について!確定申告や課税対象を解説

エルドアカジノは、VIP5スターやコンプポイントなどの稼ぎやすい魅力いっぱいのオンラインカジノです。

 

エルドアカジノで稼いだら、心配になるのが税金ですよね。

 

この記事では、エルドアカジノで稼いだ賞金に税金が発生するのか、税金が発生する場合は税金対策はあるのかについて解説していきます。

また、課税対象になる金額や確定申告の注意点についても触れていきます。

 

オンラインカジノを安全に楽しむためにも、税金に対して正しい知識を持つことが大切になります。
ぜひこの記事を読んで理解しておきましょう!

エルドアカジノは税金が発生する?

エルドアカジノは税金が発生するのかどうかについて解説していきます。

エルドアカジノは税金が発生する?

結論から言うと、エルドアカジノは税金が発生します。

発生する税金は一時所得という扱いになります。

 

賞金に税金が発生することは、エルドアカジノに限ったことではなく、オンラインカジノで稼ぐ全ての賞金が対象です。

これらのギャンブルで稼いだお金は「競馬や競輪の払戻金」という名目で課税対象となります。

 

ただ、カジノや競馬などといったの多くのギャンブルは現金での扱いが主になります。
そのため、記録に残らないので確定申告する意識が薄いのが現状です。

 

しかし、稼いだお金を銀行経由で取得した場合、それが記録として残るので確定申告対象として指摘されやすくなります。

そのため、税金をきちんと計算してしっかりと納める必要があるのです。

これはオンラインカジノだけでなく、全てのギャンブルに共通することです。

 

過去に、競馬ソフトで大金を稼いだ方が税金関係で裁判を起こされたケースもありました。
それは、インターネット経由でお金の動きが把握されたことが大きな原因だったようです。

 

これらのことから、大金を稼いだらきちんと確定申告をして税金を納める必要があることが分かりましたね。

 

では、払う税金の金額はどうやって計算するんでしょう?

以下が一時所得を計算する方法です。

 

一時所得=全ての収入-収入を得るための支出額-特別控除額(最高50万円)

 

「収入を得るための支出額」に相当するのは自分がベットした金額です。

また、「全ての収入」は年間でエルドアカジノから出金した額になります。

ここで「収入を得るための支出額」を計算する時の注意点ですが、負けた場合の金額は経費に計上できません。

 

この計算方法で一時所得額が分かったら所得税が計算できます。

計算方法は以下になります。

 

所得税=一時所得×1/2

 

この計算方法で払わなければならない税金の額が決まるのですが、稼いだ額によっては課税対象とならない場合もあります。

ただ、基本的には収入を得れば確定申告をしなければならないという意識を持つことが大切です。

もし、確定申告をする時にどうしたらよいか分からない場合は、国税庁の窓口に相談することも可能です。

 

\当サイト限定!プロモーションコードに「VIP5START」と入力!/

公式サイト:https://www.paizacasino.com/

エルドアカジノの税金を対策!脱税は可能なのか

エルドアカジノの税金は脱税できるのか、税金対策について解説していきます。

エルドアカジノの税金を対策!脱税は可能なのか

エルドアカジノで脱税できるの?

まず、エルドアカジノの税金は脱税できるのかについてですが、エルドアカジノで稼いだ金額によっては税金を納めなくても大丈夫です。

 

先に出てきた一時所得の計算方法は次のようなものでしたね。

 

一時所得=全ての収入-収入を得るための支出額-特別控除額(最高50万円)

この計算方式に、特別控除額(最高50万円)があります。

そのため、稼いだお金が年間50万円以下なら税金を納めなくてもよいことになります。

逆に言うと、エルドアカジノで稼いだお金が年間50万円を超えた場合は税金を納める必要があり、脱税が不可能になるのです。

エルドアカジノの税金対策

次に、エルドアカジノの税金対策について解説していきます。

エルドアカジノで年間50万円以上の収益があると課税対象となるため、納税は絶対に避けられません。

納税は法律で定められているので、脱税すると最悪の場合、裁判や逮捕などといったケースに繋がっていしまいます。
エルドアカジノを楽しむためには、税金は避けて通れないことと認識しておく方がよいでしょう。

 

どうしても税金を払いたくない場合は、年間のギャンブル収益を50万円以下に抑えることです。

また、50万円以上稼いだ場合もカジノサイト内に収益を残しておけば課税対象とはなりません。

これは、一時所得の計算式の「全ての収入」が「年間出金額」だからです。

そのため、銀行口座に出金する額を50万円以下に抑えることも税金対策といえます。

 

銀行へ出金する場合は、50万円以下になるように記録を付けながら管理することをおすすめします。

エルドアカジノの確定申告方法

エルドアカジノの確定申告する方法を解説していきます。

エルドアカジノの確定申告の方法

エルドアカジノで稼いだ収益を確定申告する時は、きちんと計算して必要以上の税金を払わなくて良いように記録を付けておくことです。

ベット金額を記録する

一時所得の計算方式にあるように、エルドアカジノで稼いだお金から「収入を得るための支出額」を引く作業があります。

この「収入を得るための支出額」をきちんと計算することで必要以上に税金を払うことを避けることができます。

「収入を得るための支出額」に相当するのは自分がベットした金額です。

毎回ベットした金額を記録しておくことは面倒だと感じるかもしれませんが、この作業をしっかりと行うことで節税対策につながります。

ベット額の記録方法

ベット額を記録する方法として、すぐに思いつく方法は紙に記録することやエクセルを思い浮かべるでしょう。

 

しかし、紙方式だと書く作業が面倒に感じたり、紛失する可能性もあります。
エクセルの場合は、保存に対しては心配ありませんが、入力作業が大変です。

 

そこでおすすめの記録方法が、スクリーンショットです。

 

スクリーンショットだと、画像を残すだけなので簡単ですね。

 

ただ、ゲームに夢中になって写真を撮るのを忘れる場合もあります。

 

そういった場合は、カスタマーサポートに連絡すれば取引をレポートとして教えてくれます。
レポートからある程度の入出金額が分かるので、そこから計算をすることができます。

エルドアカジノの税金と確定申告方法まとめ

 

この記事では、エルドアカジノで稼いだお金に対して税金が発生するのか、税金対策はあるのかについて解説してきました。

まとめると以下になります。

 

  • 稼いだお金には税金が必ず発生する
  • 課税対象となるのは年間50万円以上で、50万円以下は課税対象外となる
  • エルドアカジノで年間50万円以上の収益があった場合は、確定申告が必要

 

確定申告の注意点として、必要以上の納税を避けるためにベット額をきちんと記録し把握しておくことが重要です。

オンラインカジノの明るい未来のためにも、きちんと確定申告をして税金を納めることが大切になります。

 

\当サイト限定!プロモーションコードに「VIP5START」と入力!/

公式サイト:https://www.paizacasino.com/